新社会党
藤崎ちさこ ホームページ
Web通信

次へ

一覧へ

前へ



藤崎ちさこ
議会REPORT 2015
No.03
2015.05.24 発行

22日、臨時議会終了!

 5月22日に臨時議会が終了しました。
 正副議長の選挙があり、所属常任委員会・議会運営委員の指名や、議案審議などがありました。
 正副議長の選挙の結果は次のとおりです。

【議長選挙(2015年5月18日実施)】
氏名 会派 獲得票
木村 孝浩 公明党 19
宮内 一夫 新社会党・無所属の会
木村 孝 民意と歩む会

【副議長選挙(2015年5月18日実施)】
氏名 会派 獲得票
伊藤 寛 真政会 19
央 重則 環境みらい
谷岡 隆 日本共産党
木村 孝 民意と歩む会

 また、常任委員会委員は新社会・無所属の会から「環境経済」と「文教福祉」の各委員会に1名ずつで、私、藤崎ちさこは文教福祉委員に就きました。

議案「市税条例の一部改定」

 市長提案の議案は、「市税条例の一部改定」について、つぎのとおり提案され、審議が行われました。

(1)市民税関係
  1. 住宅ローン減税の延長。減税の期間を1年6ヶ月延長し、平成31年6月30日までとする。
  2. ふるさと納税の申告手続きを簡素化する。
  3. 法人市民税の均等割に係る税率区分の基準を変更する。
(2)固定資産税関係
  1. 急激な税負担の上昇を抑制するための「負担調整措置」を平成29年度まで継続する。
  2. サービス付き高齢者向け賃貸住宅を平成29年3月までに新築した場合、固定資産税を3分の2減額する。
(3)軽自動車税関係
  1. 平成27年4月1日から平成28年3月31日までに、環境負荷の小さい新車の軽自動車を取得した場合、軽自動車税を軽減する。
  2. 原付バイクの税額引上げを1年間延期し、平成28年度以降にする。
以上。
 これらは、地方税の公布が平成27年3月31日だったために市議会を召集する時間的余裕が無かったため、地方税179条に基づいて、市長が先に決め実施(専決処分)したものの承認を求めるものです。

公共施設の再生計画は市民の立場で!

 今日、5月24日、ゆうゆう館で、市民の会「習志野の公民館を愛する会」による集会が開かれました。
 8名の市議会議員が出席し、約50名の市民の参加者と意見を交換しました。
 その中で、先日の5月13日の「大久保地区公共施設再生基本構想(案)説明会」には、この問題が選挙の時に大きく取り上げられていたにもかかわらず、参加した市民の数が少なかったこと、それは市民への「お知らせ」が不十分で、開催されることを知らない人が多かったことが問題になりました。
 市は、@習志野に限らず日本中が今一斉に公共施設の老朽化問題に直面している中で、A建て替えの必要があるが、全てを建て替えるには財源が乏しい、よってB施設の「機能」は維持しつつ、「施設」は削減していくという考え方を基本とする方針のもと、計画を進めていくと説明しています。
 しかし、大久保公民館の建替え、あるいはリノベーション(再活用して建替える手法)の計画には無理があります。
 また、公民館を利用するサークルの数は決して減っていない中で、多くのサークルが行き場を失ってしまうのでは?という心配の声も聞かれました。
 参加した市民からは、何とか公民館を残して欲しいという強い思いを感じました。


 連絡先


 〒275-0021
住所:千葉県習志野市袖ヶ浦3-7-5-505

【藤崎ちさこ後援会事務所】

TEL/FAX:047-451-2550
E-mail:
fujisakichisako.narashino@gmail.com 


total: / today: / yesterday: (c)FujisakiChisako -2015