新社会党
藤崎ちさこ ホームページ
Web通信

次へ

一覧へ

前へ



藤崎ちさこ
議会REPORT 2015
No.11
2015.07.30 発行

地域で子どもたちを守り育てよう!

 今、習志野市では公民館などの公共施設再生計画が問題となっていますが、この問題は「建物」という「箱物」の問題だけではありません。
 公民館に求められることには、「社会教育の振興」ということがあり、「青少年教育を地域で担う」ということが含まれています。また、核家族化が進み地域のつながりが希薄になっている現在では、特に「地域で子どもを守り育てる」ことが求められているのです。


いじめ、不登校などの問題

 7月5日に岩手県矢巾町で中学2年の少年が自殺したとみられる問題で、「いじめがあった可能性が高い」、学校の6月調査で少年は「SOS」を出していたが、「SOSを受け止められず校内で共有できていなかった」と教育長が謝罪しました。
 また、川崎市で今年2月、不登校だった中学1年の男子生徒が少年らに殺害された事件がありましたが、何故、周りの大人がもっと早く気付いてあげられなかったのか?と無念です。
 この様な痛ましい事件を教訓として、学校だけではなく、地域で子どもたちを見守り、育てること、その担い手の一つとして公民館の存在も期待されているのです。


平和の火リレー

 今年も7月21日から「反核 平和の火リレー」が始まり、習志野市でも千葉市からバトンタッチされた「平和の火」が、旧市役所庁舎前広場に到着しました。
 宮本市長のご挨拶と激励を受け、「平和の火」は次のランナーにバトンタッチされて、そして船橋市を目指して出発していきました。大変暑さの厳しい中、ランナーたちの頑張りで「平和の火」は、千葉県内の市町村につなげられています。
 千葉県の中で最も早く、「核兵器廃絶、平和都市宣言」をした習志野市、平和教育のさらなる充実が期待されますね。



まちかどで発見!

 毎週、谷津駅で駅頭活動をしているとき、ふと駅構内を見ると、ツバメの巣があって、その中に子ツバメが2~3羽いて、親ツバメが餌を与えている姿を発見しました。
 はじめは子ツバメが小さくてよく見えませんでしたが、親ツバメが物凄いスピードで何度も繰り返し飛んできて、餌を与え、子ツバメが大きくなったのが一目でわかるようになりました。
 また、巣の下の方にはご近所の方か、京成の方かはわかりませんが、ひなが落下してもけがをしないようにと棚がつけられています。ツバメ親子の微笑ましい光景と、人々の優しい計らいに、駅頭活動に楽しみがひとつ増えました。

谷津駅改札口前 7月24日


習志野高校、準優勝!

 夏の高校野球、26日の県大会決勝戦で習志野高校が準優勝しました。
連日の猛暑の中、選手たちは本当に素晴らしい健闘をしてくれ、市民に大きな勇気を与えてくれました。ありがとう!



 語りつごう

 習志野平和のつどい

 習志野平和のつどい実行委員会「原爆の絵」展は、戦後70年という節目の今年で33回目の開催となります。
70年前、8月6日・ヒロシマ、そして8月9日・ナガサキは原子爆弾によって一瞬のうちに数十万人の尊い命が奪われました。

 そして、今もなお後障害などで苦しみ続けている人々がたくさんおられます。また、2011年3月11日の福島第1原発の事故では、改めて核の問題を突き付けられました。
 私たちは、戦争に反対し、平和な社会を築くために不断の努力を続けなければなりません。
「原爆の絵」は、ヒロシマの被爆者自身が「後世に残さなければならない」という思いで描いたものです。
 是非たくさんの方々にご覧いただきたいと思います。

「原爆の絵」展 会場

市民プラザ大久保 8月20日〜23日
モリシア津田沼 8月7日〜9日
新習志野図書館 8月6日〜12日
東習志野図書館 8月15日〜20日

平和リレーコンサート

とき:8月9日(日)/午後1時30分
ところ:モリシア津田沼 センターコート




 連絡先


 〒275-0021
住所:千葉県習志野市袖ヶ浦3-7-5-505

【藤崎ちさこ後援会事務所】

TEL/FAX:047-451-2550
E-mail:
fujisakichisako.narashino@gmail.com 


total: / today: / yesterday: (c)FujisakiChisako -2015