新社会党
藤崎ちさこ ホームページ
Web通信

次へ

一覧へ

前へ



藤崎ちさこ
議会REPORT 2015
No.19
2015.10.12 発行

決算委員会 終了!

 10月6日から始まりました一般会計決算特別委員会と特別会計決算特別委員会は、平成26年度習志野市歳入歳出決算認定について審議し、9日に終了しました。
 特別会計決算特別委員会は、習志野市国民健康保険特別会計、習志野市公共下水道事業特別会計、習志野市介護保険特別会計、習志野市後期高齢者医療特別会計、習志野市ガス事業会計、習志野市水道事業会計、それぞれの決算認定について審議されました。


平成26年度一般会計概要

決算額(千円)
歳入総額(A) 55,910,295
前年対比 △4.7%
歳出総額(B) 51,959,150
前年対比 △6.1%
差し引き(C=A-B) 3,951,145
翌年度へ繰り越すべき財源(D) 1.267.270
実質収支(E=C-D) 2.683.875
剰余金処分 財政調整基金積立金
1,400,000
翌年度への純繰越金 1,283,875

(1) 歳入
 歳入決算額は559億1,029万5千円で、前年度対比27億4,417万9千円(△4.7%)の減少です。
主な減少については、「財産収入」の57億1,170万3千円で、主な要因として不動産売払収入で57億404万9千円の減少です。
(2) 歳出
 歳出決算額は519億5,915万円で、前年度対比33億5,580万8千円(△6.1%)の減少です。
主な減少については、「総務費」の51億4,594万9千円で、主な要因として公共施設等再生整備基金積立金で52億759万8千円の減少です。

(主な執行状況)
【市民意識の高揚、地域活性化】
 ・市制60周年記念事業  ・緊急地域経済対策事業
 ・東習志野,実籾地域公共交通実証運行

【震災・減災対策】
 ・災害復旧事業(道路・文化施設)  ・自主防災組織の拡充・強化
 ・防災倉庫の新設、防災資機材の拡充  ・京成津田沼駅耐震対策事業

【教育環境の整備】
 ・耐震対策の実施
 (幼稚園、小・中学校、高等学校、鹿野山少年自然の家)
 ・小学校トイレ改善事業  ・第2中学校体育館改築事業

【保健・医療・福祉の充実】
 ・通院に係る子どもの医療費等の助成対象の拡大
 ・水痘予防接種、高齢者肺炎球菌予防接種の実施
 ・臨時福祉給付金、子育て世帯臨時特例給付金の支給
 ・(仮称)袖ケ浦こども園整備事業

【「公共施設再生計画」に基づく施設整備の推進】
 ・新庁舎建設事業  ・東消防署整備事業

【その他】
 ・芝園清掃工場老朽化対策事業  ・都市計画道路の整備
 ・近隣(防災)公園整備事業


平成26年度国民健康保険特別会計

決算額(千円)
歳入総額(A) 14,667,122
前年対比 △0.1%
歳出総額(B) 14,500,898
前年対比 +0.4%
差し引き(C=A-B) 166,224
翌年度へ繰り越すべき財源(D) 0
実質収支(E=C-D) 166,224
剰余金処分 -
翌年度への純繰越金 166,224

 歳入決算額は61億271万円で、前年度対比964万3千円(△0.1%)の減少、歳出決算額は145億89万8千円で、前年度対比5,478万8千円(0.4%)の増加です。
 収入未済額は10億2,132万円で、前年度対比1,810万7千円(1.8%)の増加であり、その主なものは国民健康保険料です。なお、国民健康保険料の収納率は75.8%で、前年度対比0.2ポイントの上昇です。
・年間平均加入世帯数 23,538世帯
・年間平均加入者数 38,324人
・加入者1人当たりの総医療費 306,970円
              (以上)


市民の皆さんとの活動

袖ケ浦地区市民文化祭にて!

 10月11日、袖ケ浦公民館で市民文化祭が開かれました。
 私は、昨年から袖ケ浦公民館で、ウクレレハワイアンズというサークルに加入して、ウクレレの練習をしています。月2回、11人のメンバーが、講師に習っています。
私は仕事柄、練習が十分できませんが、この日は、サークルのメンバーと本当に楽しく演奏できました。
全8曲のうち1曲はソロで歌わせていただき、感動の1日でした。来年は、もう少し練習をして、レベルを上げていきたいです。

(袖ケ浦公民館)



 連絡先


 〒275-0021
住所:千葉県習志野市袖ヶ浦3-7-5-505

【藤崎ちさこ後援会事務所】

TEL/FAX:047-451-2550
E-mail:
fujisakichisako.narashino@gmail.com 


total: / today: / yesterday: (c)FujisakiChisako -2015