新社会党
藤崎ちさこ ホームページ
Web通信

次へ

一覧へ

前へ



藤崎ちさこ
議会REPORT 2015
No.27
2015.12.20 発行

市議会 最終日
  本会議閉会!

 12月定例市議会は12月10日に建設委員会、総務委員会が、11日に環境経済委員会、文教福祉委員会が開かれました。

 14日、一般会計予算特別委員会と特別会計予算特別委員会が開かれ、私、藤崎ちさこの所属する、一般会計予算特別委員会では、議案「平成27年度習志野市一般会計補正予算」が審議されました。
 歳入歳出補正予算の額は、
・補正前 567億4,242万2千円
・補正額   2億4,493万4千円
・補正後 569億8,735万6千円

12月市議会日程
14日(月) 予算特別委員会
15日(火)
〜18日(金)
委員会報告作成など
最終日に向けた準備
21日(月) 本会議
議案,請願などについて
質疑,検討,採択をして
閉会

(歳出概要)
・東習志野・実籾地域バス実証運行事業
・自治振興施設運営費(実籾コミュニティ センター関連)
・連絡所運営費 
・選挙管理委員会事務局費
・管外保育運営費
・こどもセンター整備事業
・生活保護費
・予防接種事業
・公共下水道事業特別会計繰出金
・特別支援教育推進事業
・小学校施設改善整備事業
・給食センター賄材料費
・単独校給食賄材料費
・平成26年度事業費確定に伴う国県支出金過年度分返還金
・決算調整による職員給与費

以上。

主な質問
 1  自治振興施設運営費とは?
(回答) 新しい実籾コミュニティセンターの待合スペースの椅子の購入。給水器は設置しない。
 2  選挙管理委員会事務局費は何に使う?
(回答) 来年6月から選挙年齢が18歳以上に引き下げられることに伴い、システムを改修する。
 3  管外保育が発生する要因は?
(回答) 年度途中で転入したが、慣れ親しんだ前地の保育を受けることを希望する児童、あるいは、母親が次子を出産するため帰省することに伴い、母親の実家のある地で保育を希望する児童などに対応しているため。
 4  生活保護費が増えた理由は?
(回答) 主に、高齢化が進んだため。H18年度と比較して、H27年度は保護世帯数が2倍になった。
 5  予防接種事業のうち、「高齢者肺炎球菌予防接種」について、2回目以降の補助をしないのは何故か?
(回答) 2回目以降の接種は、自身の判断に任せるため。
 6  特別支援教育推進事業とは?
(回答) 実籾小学校、袖ケ浦西小学校に、新しく自閉症・情緒障害特別支援学級を開所する。
 7  国県支出金過年度分返還金のうち、「臨時福祉給付金」分の返還が起こった要因は?
(回答) 対象となる「住民税の非課税者」が、自身で申請する必要がある。申請数が想定より少なかったため。
 意見  市民に臨時福祉給付金制度についてもっと周知して、申請漏れがないようにするべきだと思う。

女性の活躍を支援する取組みを!

 女性の社会進出が進んでいて、働く女性が増えていますが、習志野市議会では女性議員は30人中5人で、16,7%という低い割合です。日本政府は「女性の活躍」を推進しようとしています。2003年には「2020年までに指導的立場に占める女性の割合を30%にする」という「202030」という目標を設定し、毎年の男女共同参画白書で項目ごとの数値を示してきました。
 また、その男女共同参画白書の第1節は「すべての女性が輝く社会づくりに向けた政府の動き」という節で、その中で「女性の力は我が国最大の潜在力」と言っています。
 その白書の項目の中で、今年30%という目標をクリアしたのは「国家公務員採用者」という項目のみで、これまでに目標を達成した「薬剤師」「国の審議会等委員」を合わせても3項目のみです。
 習志野市の職員の現状は、全職員に対する女性職員の割合は40,9%、管理職の中の女性の割合は27,1%です。
 働き方というのは、人それぞれ置かれている状況や考え方の違いがあって、管理職になることが必ずしもいいことではありません。
 管理職以外の人も本当に一生懸命働いています。そうは言っても、能力に応じて管理職になる道は平等に開かれていなければなりません。
 国際的な指標でジェンダー・ギャップ指数があります。ジェンダー・ギャップ指数とは、「経済活動の参加と機会」「教育」「健康と生存」「政治への関与」の4分野での、男女間の格差を指数化したものです。
 日本の順位は142か国中、101位!男女間の格差が非常に大きいということですね。
 せめて習志野市ではジェンダー・ギャップが縮まるように取組んで欲しいですね。


相談してみよう!無料労働相談

 職場で困っていること、ありませんか?
「安心して働きたい。」「働き続けたい。」どんなことでも、働くあなたの立場に立って応援します。

労働組合で経験豊かなスタッフが相談をお受けします。
一人で悩まずに、まずはお電話ください。

東葛ふれあいユニオン
電話047(370)3150




 連絡先


 〒275-0021
住所:千葉県習志野市袖ヶ浦3-7-5-505

【藤崎ちさこ後援会事務所】

TEL/FAX:047-451-2550
E-mail:
fujisakichisako.narashino@gmail.com 


total: / today: / yesterday: (c)FujisakiChisako -2015