新社会党
藤崎ちさこ ホームページ
Web通信

次へ

一覧へ

前へ



藤崎ちさこ
議会REPORT 2016
No.34
2016.03.06 発行

3月市議会進行中

 2月22日、平成28年市議会第1回定例会が招集され、予算案10件、新規条例2件、一部改正条例15件、人事案件5件、路線認定1件、専決処分の認定3件、報告1件などが提案・説明され、それらについて、2月29日に総括質疑が行われました。

 質疑・答弁の一部を紹介します。

1 「大久保地区公共施設の再生整備及び維持管理運営」について、「債務負担行為」予算として、期間を平成51年度までの24年間で設定する、限度額67億円の内訳はどのようなものか。

【答弁】施設の整備 37億7千万円、金利 3億円、施設維持管理運営 26億1千万円 以上。

2 大久保地区公共施設の再生整備及び維持管理運営の事業方式としてPFI方式と従来の方式の比較は?

【答弁】従来方式:82億8千万円、PFI方式:79億1千万円(4,4%減)。
(*現在価値に割戻した場合)

 市は、事業方式をPFI方式にすることで、 3億7千万円減額できると言っていますが、PFI方式で行えば民間の労働者が低賃金で働く可能性があって、民間の雇用環境を悪くすることも心配となります。PFI方式には、その点のチェックが求められます。

3 マイナンバー個人カードの交付は、どれくらい進んでいるか?

【答弁】習志野市では現在約1万3千枚の 申請があるが、1か月2千枚の対応で、交付が完了するのは8月になる予定。

4 通称「草刈り条例」に「代執行」を追加して改正することについて、「代執行」の手続き・期間などはどのようなものか?

【答弁】代執行の対象となるのは、雑草や樹木が生い茂って、事故や犯罪などの原因となる危険状態で著しく公益に反する場合に、指導、勧告、命令を行うもので、最短で14日以内となる。

等々。

 また、3月1日からの市長への一般質問では、私、藤崎ちさこは4日に下記などの内容で、市長の考えと、市の事務を問いました。その際の質問と回答をご報告します。

(1)女性が活躍するための支援の取組みについて
(2)子ども・子育て支援新制度について
(3)放課後児童会の児童の保育環境と、支援員の処遇改善について
(4)習志野市のいじめ防止の取組みについて

(1) 女性が活躍するための支援の取組みについて

1 習志野市の女性職員の状況の把握と課題の分析はどの様におこなっているか。

(回答)内閣府から定められた7項目、女性職員の割合、継続勤務年数の男女の差異、各月ごとの職員の平均超過勤務、管理的地位に占める女性職員の割合等7つのデータについて現状の把握をし、課題を分析する。

3月市議会日程

3月    
1日(火)
市長への
  一般質問
↓↓
8日(火)
9日(水) 常任委員会。議案などの審議。
10日(木)
11日(金) 予算委員会
↓↓
16日(水)
17日(木) 委員会報告作成など最終日に向けた準備。
↓↓
23日(水)
24日(木) 本会議
・議案、請願などについて、質疑、討論、採決をして、閉会。

2 女性が育児休業を取得した後、あるいは子育てが一段落した後、もう一度その職員の能力が十分に発揮できる仕事に戻れる取組みをおこなっているか。

(回答)情報提供・能力開発支援など、円滑に職場に復帰できるよう、職場復帰に際して必要な支援を行うため、ワークライフバランスの意識を職場全体で共有するための研修を実施。育児休業中から職場の状況が把握できる仕組みづくり、復帰直後の人事異動は抑制するなどの配慮をしている。

3 性別を超えて互いを理解するため、「特定の性別の職業と思われてきた分野で、男女に関わりなく活躍する人がいる。
例えば、女性の消防士・救命士は7名。このことを広く市民に知ってもらうための取組みを検討できないか。

(回答)今後、機会を見て検討していきたい

4 民間企業が「女性の活躍」に取組むために、市はどのような支援をしていくのか。

(回答)アンケートによってワークライフバランスに関する制度の活用状況や従業に関する経営の考え方等を把握し、活用する。
市、市民及び企業と協働でワークライフバランス推進の機運を高めていく。

 次週は(2)子ども・子育て支援新制度。


お知らせ

 市議会は、市民や市民以外の方々が傍聴することができます。
目の不自由な方が傍聴するためのサービスもあります。手話通訳等の支援が必要な方は、7日前までに議会事務局にお申し出ください。

 是非、たくさんの方々に傍聴していただき、市政に関心を持っていただきたいと思います。




 連絡先


 〒275-0021
住所:千葉県習志野市袖ヶ浦3-7-5-505

【藤崎ちさこ後援会事務所】

TEL/FAX:047-451-2550
E-mail:
fujisakichisako.narashino@gmail.com 


total: / today: / yesterday: (c)FujisakiChisako -2016