新社会党
藤崎ちさこ ホームページ
Web通信

次へ

一覧へ

前へ



藤崎ちさこ
議会REPORT 2016
No.37
2016.03.27 発行

3月市議会終了!

 3月定例市議会は2月22日に開会し、
@平成28年度一般会計予算、606億9千万円、過去最大規模で平成27年度当初より、44億3千万円増。 
A平成28年度特別会計予算。
B消費生活センターの設置。
C通称「草刈り条例」の改正。適用範囲を拡大し「樹木」を加え、「代執行」規定を明記する。
D国民健康保険料の賦課限度額の引き上げと、低所得者の軽減制度。
E市の休日歯科診療の廃止。
Fプラネタリウム館の廃止。
G放課後児童会支援員の処遇の改善。
などについて提案、審議され、3月24日に閉会しました。

【藤崎ちさこの一般質問】

 3月4日の市長への、私、藤崎ちさこの一般質問のうち、最後の質問と回答を報告させていただきます。

  1. 女性が活躍するための支援の取組みについて
  2. 子ども・子育て支援新制度について
  3. 放課後児童会の児童の保育環境と、支援員の処遇改善について
  4. 習志野市のいじめ防止の取組みについて

(4) 習志野市のいじめ防止の取組みについて

1. 各学校における未然防止のための児童生徒の自主的な活動について伺う。

(回答)元気よく「挨拶運動」、「イエローリボンはいじめをしない・いじめを止める人の印」、いじめを止めようという「イエローリボンキャンペーン」、「命を大切にするキャンペーン」、「いじめゼロ宣言」等を展開している。

2. いじめアンケートについて、内容や方法について改善は必要ないか。アンケート以外に未然防止、早期発見のための取組みを行っているのか。

(回答)アンケートは年3回実施していて、家に持ち帰り回答するなどの方法を取っている。
内容も今後検討していく。また、普段は教育相談週間を設けるほか、全教員が相談の窓口であることを周知すること、児童生徒の小さな変化を見逃さずに対応するよう取組んでいる。
担任だけでなく、組織としての対応が重要と考え、会議、研修で指導している。

3. 先生方の「気づく力」・指導力の向上についての取組みは。

(回答)教育委員会では、生徒指導主任研修、教務主任研修、教頭研修、校長研修等で指導している。
また、初若年層教職員に対して、演習形式の研修で現場の状況に応じた研修ができるように進めている。

4. 重大事態への対応について。

(回答)学校が重大事態を認知した場合、速やかに教育委員会に報告する。
調査は学校が主体となるが、児童生徒や保護者の訴えを踏まえ、十分でない場合は、「いじめ問題対策委員会」を活用する。その結果は市長に報告することとなっている。
市長が必要と判断した場合、「いじめ問題再調査委員会」が再調査を行う。

要望. いじめをなくすには、学校が早期に誠意をもって対応することが、何よりも大切。
そのための取組みを強く要望する。


大久保地区公共施設再生事業、
   PFI方式導入について検証!

 大久保地区公共施設の再生事業は、従来の市が行う方式ではなく、民間の資金を活用するPFI方式による事業を採用するとしています。しかし、今回のPFI方式の導入には、その手続きに重大な手落ちがあります。本来、PFI事業の実施は、「習志野市PFI導入指針」に基づく正しい手続きを踏まなければなりませんが、今回はその「正しい手続き」が踏まれていません。
 ここで、「習志野市PFI導入指針」とはどんなものか、ご紹介します。

【 習志野市PFI導入指針の概要 】

  1. 事業基準
    1. 施設整備に要する経費が概ね10億円以上の事業
    2. 維持管理運営費が単年度で概ね1億円以上の事業
  2. 事業実施の流れ

1 事業の企画検討(担当課)
2 導入可能性検討書の作成
3 PFI導入検討委員会
4 庁議(導入方針決定)
5 導入可能生調査(VFMの算定等)
6 PFI導入検討委員会(調査結果)
7 庁議(導入決定)
8 PFI事業審査委員会
9 アドバイザリー契約
10 実施方針の策定、公表
11 特定事業の評価・選定、公表
12 民間事業者の募集、評価・選定
13 契約の締結
14 事業の実施・監視

 今回のPFIの導入には、導入指針に定める手続きのうちの「PFI導入検討委員会」が設けられないまま、検討が行われました。

 また、導入可能性調査においてはVFM(バリュー・フォー・マネー)の算定をします。従来方式とPFI方式の事業費を比較して、PFI方式を導入する効果を検討するものです。24年間の債務負担行為において3億7千万円減(4,4%減)という試算で、事業費の削減が見込まれると結論を出しました。
しかし、算定で用いた金利は不確定要素が多く、公的資金を投入するより金利が高いことは確実ですし、削減が見込まれるのは人件費によるところが大きいのです。
このことは、民間の労働者の賃金が低い事が前提で、民間の労働環境の改善を妨げることに繋がります。市が行う事業としては好ましくありません。

 これらの理由から、大久保地区公共施設再生事業でPFI方式を導入することには、多くの問題があると言えます。
そして、市はこのことを市民にきちんと説明し、導入の際は市民の十分な合意が得られなければなりません。


お知らせ

 市議会は、インターネットでの配信で見ることができます。
 各議員の一般質問の録画を見るには、習志野市ホームページを開き、左側の列の【市議会】をクリックします。次の画面の右側の列の【議会中継】をクリックします。次の画面の【ライブ中継と平成26年3月定例会以降の録画中継】をクリックし、【議員名から選ぶ】をクリック、【は】行をクリックし、【藤崎ちさこ】をクリックしてください。
 紙面ではお伝えしきれない議場の雰囲気も感じていただきたいです。




 連絡先


 〒275-0021
住所:千葉県習志野市袖ヶ浦3-7-5-505

【藤崎ちさこ後援会事務所】

TEL/FAX:047-451-2550
E-mail:
fujisakichisako.narashino@gmail.com 


total: / today: / yesterday: (c)FujisakiChisako -2016