新社会党
藤崎ちさこ ホームページ
Web通信

次へ

一覧へ

前へ



藤崎ちさこ
議会REPORT 2016
No.49
2016.07.19 発行

18歳投票率
   関東で高め!

 7月10日に投開票が行われた、第24回参議院選挙の18歳投票率の抽出調査で各都道府県の全年代の投票率と比べると、全国では全年代を下回っていますが、関東や関西を中心に人口の多い地域の18歳投票率が、全年代を上回っていました。

【18歳投票率が全年代を上回った地域】
18歳全年代ポイント差
全国51,1754,70-3,53
茨城57,1450,776,37
群馬62,0750,5111,56
埼玉59,5451,947,60
千葉54,9352,022,91
東京60,5357,503,03
神奈川64,8855,469,42
富山60,5855,614,97
滋賀57,6956,521,17
京都62,4051,1611,24
大阪56,3852,234,15
岡山53,2350,862,37
広島50,9749,581,39
福岡55,9052,853,05

 19歳の投票率はすべて、各都道府県の全年代投票率を下回りました。

 今回の参院選は、国政における「18歳選挙権」のスタートという点で歴史的な選挙になりました。
投票率の全国平均は18歳が51、17%、19歳が39、66%でした。18歳、19歳の合計は45、45%で、全体の54、70%には及ばないものの、初の行使としては高い数値と言えるのかもしれません。(私事ですが、私の場合は18歳当時から政治に関心があり、早く選挙権が欲しかったため、記憶する限りでは、20歳以降投票に行かなかった事はなかったと思います。)

 神奈川県を見てみますと、18歳投票率が64、88%と全国トップなのですが、2010年から参院選のたびに全県立高校で模擬投票を実施するなど「主権者教育」を進めており、投票率向上への取組みの効果が出たと思われます。

 各自治体では若者向けに投票率向上のための啓発活動や、学内や百貨店・ショッピングセンターでの「期日前投票所」を増やすなど、様々な取組みを積極的に進めたことが、成果を上げたと言えるでしょう。

 各党は若者向けのリーフレット作成やイベント開催など、様々な手段を用いて若者へアプローチしました。
こうした動きは一定の評価ができるものの、どこまで浸透したかはわかりません。政策を一方的に伝えているものに過ぎないからです。「議論と双方向性」という要素をもっと増やしていく必要があります。


習志野高校、快進撃!
全国高校野球千葉大会

 7月17日、千葉県野球場(天台)での習志野高校 対 八千代高校の試合の応援に行きました。
第1試合、8時45分という早朝にも関わらず、内野観客席は満席で立ち見の人も多いという状況でした。私はえんじ色の習志野高校応援用Tシャツ(2016年バージョン)を着て応援しました。
八千代高校の応援も大勢いましたが、えんじ色の集団の方が比較的多かったかなと思いました。

 習志野高校と言えば、何と言っても、吹奏楽部の応援、通称「爆音」(音量があるという良い意味で)ですね。
この応援の演奏が始まると、習志野高校の選手ばかりでなく、応援のお客様も元気づけられ、選手と観客席の応援の人々が一体となって戦っているという高揚感が湧いてきます。
まして、相手校の守備陣は圧倒されるだろうと想像します。

 試合は4体3で、習志野高校が接戦を制しました。
習志野高校はもちろんですが、相手の八千代高校はよく鍛えられた守備の良いチームでした。
健闘を称えます。


千葉商科大学
100%自然エネ大学を!

 市川市国府台の千葉商科大が、学内の電気・ガスの消費エネルギーを100%自然エネルギーで賄う「エコ・キャンパス」を目指しています。
実現すれば全国の大学で初ということです。

 千葉商科大は野田市内に出力2450キロワットの大規模太陽光発電施設を所有。
稼働を始めた2014年度は336万キロワットを発電。これは学内消費電力量の77%に相当します。
ここに着目した政策情報学部の教授が「残りの23%を省エネ、創エネで減らせば、100%自然エネルギーのキャンパスとみなすことができる」と呼びかけました。

 2015年度は同学部の学生が学内全棟を調査し、無駄がないか調べ、その後、他学部の学生と意見交換をしたり、啓発活動に努めました。「この成果を市川市に広げるのが長期的な目標」ということです。


ニセメール詐欺にご注意を!

 全国で、ニセ電話やニセのメールによる詐欺の被害が深刻になっています。
先日、私藤崎のパソコンに「有料サイトの利用料が支払われていません。払わない場合は訴訟手続きを取ります。」というメールが送られてきました。
私は報道でこの種のニセメールの存在を知っていましたので、「ああ、これがニュースで言っていたニセメール詐欺だな。」と思い、そのメールは直ぐに削除しました。
市民のみなさんも被害に合わないように、お気をつけいただきますようお願いします。





 連絡先


 〒275-0021
住所:千葉県習志野市袖ヶ浦3-7-5-505

【藤崎ちさこ後援会事務所】

TEL/FAX:047-451-2550
E-mail:
fujisakichisako.narashino@gmail.com 


total: / today: / yesterday: (c)FujisakiChisako -2016