新社会党
藤崎ちさこ ホームページ
Web通信

次へ

一覧へ

前へ



藤崎ちさこ
議会REPORT 2016
No.50
2016.08.02 発行

障害者施設
  殺傷事件悲惨!

 7月26日午前2時頃、相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で悲惨な殺傷事件が起こりました。19人が刺殺され、26人が負傷しました。殺人などの疑いで送検された容疑者が、この園の元職員だったことが、さらにショックを大きくしています。

 容疑者は重度障がい者の命を否定した言動を行い、命の尊厳を冒涜(ぼうとく)しました。施設の元職員で、この施設のことを熟知した立場を利用して、多くの命を奪い、障がい者の尊厳まで切り裂いたのです。

 私たちの身近でも日頃さなざまなことを目にします。障がい者が買い物や外出先で筆談やジェスチャーで意思疎通を図らなければならないとき、面倒くさそうにする健常者もいるようです。しかし、互いに理解し
合い、障がいのある人も当たり前に生きられる社会を実現しなければなりません。

 平成28年4月から、障害者差別解消法、改正障害者雇用促進法が施行され、また習志野市でも「習志野市手話・点字等の利用を進めて障がいのある人もない人も絆を深め互いに心を通わせるまちづくり条例」が施行されています。法的な形だけ整って、私たちの内面・精神的なバリアフリーが全く追いついていないことが、残念でなりません。


墨田区、障害者アート公募展

「みんな北斎」

 障害者をめぐる事件や問題が目立ちますが、たくさんの地域で障がい者とともに生きようという取組みが行われています。

 東京都墨田区は、江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎の生誕地であるため、北斎の名前を冠した障害者アート公募展「みんな北斎」の作品を募集します。

 11月にオープンする「すみだ北斎美術館」の開館記念イベントの一つで、障害者が持つ独創的なアイデアを発信するのが目的です。障害のある個人、グループが参加できます。

 習志野市でも障がい者が運営するカフェなどがあります。さらに色々な取組みが、行われることを期待します。


習志野平和のつどい

【原爆の絵展・平和リレーコンサート】開催迫る!

 私も参加させていただいている習志野平和のつどい実行委員会は、「戦争の悲惨さ、平和の尊さを多くの人達に語り継いでいこう」と核兵器廃絶・戦争反対運動として、広島市民の被爆者が描いた『原爆の絵』を展示し、市民の皆さんに見ていただくことを中心に平和運動を広めてきました。
昨年は戦後70年を迎えましたが、今年はさらに新たな1年のスタートとして、平和運動を続けていきたいと思います。

モリシア津田沼 センターコート 1階
8月 5日  原爆の絵展示(午前10時〜午後8時)
6日  原爆の絵展示(午前10時〜午後8時)
平和かみしばい&被爆者の方のお話交流(午後1時)
7日  原爆の絵展示(午前10時〜午後5時半)
平和コンサート(午後1時半〜3時半)

市民プラザ大久保
8月18日〜21日 原爆の絵展示

新習志野図書館
8月 6日〜10日 原爆の絵展示

東習志野図書館
8月13日〜18日 原爆の絵展示

【展示の内容】
子どもたち平和ポスター展示
ヒロシマ・ナガサキ原爆写真ポスター展示
東京大空襲絵画展示
折り鶴コーナー(広島平和公園へ送る)
平和かみしばい:かつらぎ民話をかたる会
被爆者の方のお話交流:習志野市原爆被爆者の会
平和コンサート:
 混声合唱『ミール』
 E−WIND(手話ダンス)
 砂川隆一(ギター演奏)
 立川かずさ(メゾソプラノ)

 日程は土日を中心にしており、夏休み中でもありますので、たくさんの皆様のお越しをお待ちしております。


子どもの貧困
   善意の輪広がる

 日本の子どもの6人に1人が相対的貧困状態と言われ、「子どもの貧困」という問題が深刻になっていますが、貧困家庭などの子どもたちに無償でご飯を提供する「子ども食堂」が、全国で続々と設立されています。
運営団体によりますと、300か所を超えるとみられます。

 週に一度、あるいは月に一度など定期的にボランティアの方が食事を作って、貧困の子どもたちや父子家庭の子どもなどに食事を提供しています。
ただ、定期的に活動を続けるには大きな壁があります。活動資金の確保が最大の課題になります。

 子ども食堂とは別の方法での子ども支援も増えています。例えば、

 ◎ おてらおやつクラブ
 お寺は檀家からお菓子をいただいても食べきれないことも多く、檀家から提供されたお菓子などを子どもの支援団体に送る「おてらおやつクラブ」を立ち上げ、活動を続けています。
全国の400近い寺院がおてらおやつクラブに参加しています。
 ◎ 前髪無料カット
 三重県のある美容院は子どもの前髪を無料でカットするサービスを7月から始めました。
子ども食堂の考え方に賛同してです。

 



 連絡先


 〒275-0021
住所:千葉県習志野市袖ヶ浦3-7-5-505

【藤崎ちさこ後援会事務所】

TEL/FAX:047-451-2550
E-mail:
fujisakichisako.narashino@gmail.com 


total: / today: / yesterday: (c)FujisakiChisako -2016