新社会党
藤崎ちさこ ホームページ
Web通信

前へ

一覧へ

前へ



藤崎ちさこ
議会REPORT 2016
No.59
2016.11.15 発行

公共施設で
バリアフリー化の促進を!

 学校、公民館、図書館、文化会館など公共の施設でバリアフリー化が求められています。
習志野市の多くの学校や公共施設は、建設されてから長い年月が経っているため、トイレはもともと和式のものを一部様式に改修して使用しています。

 児童たちの多くは家庭で洋式トイレを使っているために、不慣れな和式トイレの使用を難しく感じているようです。
また、この夏、習志野文化ホールで習志野高校吹奏楽部の演奏会「これ吹」に行った折、トイレで年配の女性が「膝が痛くて様式トイレでなければ辛い。」と言っておられました。
年齢を問わず、洋式トイレを希望する傾向になっているようです。

洋式トイレ設置4割

 そんな中、公立小中学校のトイレに関して、文部科学省が初めて実施した全国実態調査で、洋式トイレの割合は43,3%にとどまり、和式は56,7%となることが分かりました。洋式トイレを希望する声が大きいにもかかわらず、改修が進んでいないのが実情です。85,2%の自治体は校舎の新築や改修の際に様式を多く設置したいと回答しました。
予算不足がネックとなって改修が進んでいないと見られます。

 調査は今年4月1日時点ですが、都道府県別の洋式化率は神奈川(58,4%)、沖縄(54,7%)、山梨(54,4%)の順に高く、低いのは山口(26,7%)、島根(30,0%)、長崎(30,3%)でした。千葉県は45,3%でした。

 学校は大規模災害時の避難所としての役割もあり、改善が求められますね。


放課後児童会
    習志野市連絡協議会

 11月12日(土)の夕方、習志野市の小学校の放課後児童会(一部を除く)の保護者や支援員らの連絡協議会が大久保公民館で開かれ、放課後児童会の運営や保育環境について報告・質問・意見が出されました。
主な内容をご紹介します。
(1) 10月31日の意見交換会について
・「廊下の夜間の照明が暗いので改善して欲しい。」と要望したところ、すぐに照明器具を増やしてくれた、あるいは、近々改善する予定が示された。
・「お昼寝用の布団のサイズが小さいので困っている。」と相談したところ、寝具を大きいものに取り換えてくれた。 等々、すぐに対応してくれたことに感謝している。
(2)要望書について
 ・民間委託導入後の保育の質の評価をきちんとして欲しい。
 ・移動図書館に来て欲しい。
 ・担当部移管の情報を正確に伝えて欲しい。
(3)支援員の研究会・研修会の報告
様々なご意見がありましたが、働きながら子育てをし、家事をこなす保護者のみなさん、短い時間の中で効率よく会議が進められています。今後も放課後児童会の利用者は増えていくことが予想されます。
運営の充実と、保育環境の整備は益々求められるでしょう。


環太平洋連絡協定
TPP

 11月10日、TPP承認案が衆議院を通過しましたが、TPPについては難しく、不安も根強いです。

 TPPとは、関税の撤廃や投資、知的財産などのルールの統一化により、参加国間で貿易の自由化を目指した包括的な経済連携協定。
2006年にシンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドの4か国が結んだ協定を源流とし、2010年に米国、オーストラリアなどが加わって拡大交渉を開始。
2015年10月に12か国で大筋合意。日本は2011年に協議入りを表明し、安倍政権が2013年3月に交渉参加を決め、7月から参加。発効すれば、国内総生産(GDP)で世界の4割弱、人口約8億人の巨大経済圏が誕生。

 TPPは食の安全や薬の値段、医療など幅広い分野に影響を与えかねないため、日本国内でも不安は根強いです。

 国民への丁寧な説明が必要ですね。


袖ヶ浦団地活性化プロジェクト
「袖団カフェ」

 11月12日(土)、13日(日)、袖ケ浦団地の住民と千葉工業大学の研究室が協力して、袖ケ浦団地の再生・活性化を目指すプロジェクトのひとつ、「袖団カフェ」が、袖ケ浦団地の広場と空き店舗を利用して開かれました。
この「袖団カフェ」は定期的に開かれており、この夏にも開かれたばかり。

 今回、私が注目したのは、大学生の部屋です。
現在袖ケ浦団地には、千葉工業大学の学生が5名住んでいて、間もなく1名増えて6名になる予定です。
これらの大学生は袖ケ浦団地に住みながら、団地を含む地域の活動に積極的に参加しています。

 団地の1戸を3名でシェア。襖の仕切りをオシャレな棚に変身させていました。  

学生の部屋の改装例



 連絡先


 〒275-0021
住所:千葉県習志野市袖ヶ浦3-7-5-505

【藤崎ちさこ後援会事務所】

TEL/FAX:047-451-2550
E-mail:
fujisakichisako.narashino@gmail.com 


total: / today: / yesterday: (c)FujisakiChisako -2016