新社会党
藤崎ちさこ ホームページ
Web通信

次へ

一覧へ

前へ



藤崎ちさこ
議会REPORT 2017
No.68
2017.03.21 発行

3月市議会

予算委員会

 3月市議会は、3月1日(水)から8日まで市長への一般質問があり、6日間で、23名の議員から、市の事務について様々な質問が行われました。

 続いて9日、8日には常任委員会が,また13日から4日間予算委員会が開かれました。
各委員会のご報告の前に、先週号No.67でご報告しました一般質問の後半部分をご報告させていただきます。


  1. 放課後児童会の民間委託開始について、引継ぎの進捗状況。
  2. 子ども食堂の活動と問題について
  3. 女性の活躍する社会への取組みについて
  4. 習志野市の消防体制について
    消防体制の現状と、消防署等の建替え計画について。

(3)女性の活躍する社会への取組みについて

【質問1】長時間労働を是正し、ワークライフバランスを推進して、女性が働きやすい環境をつくるため、どのように取組んでいるのか、伺う。

【回答】市内事業所に対しては、H28年2〜3月に実態調査を行い、7月には男女共同参画推進週間事業シンポジウムを開催、今後地域全体でワークライフバランスを進めるための周知・啓発を図っていく。
 市の職員については、男性・女性すべての職員に対して、仕事と子育てや看護などの両立を支援する労働環境づくりを進めていく。

3月市議会日程

3月9日(木) 常任委員会
議案などの審議
10日(金)
13日(月) 予算委員会
↓↓
16日(木)
17日(金) 委員会報告作成など
最終日に向けた準備。
↓↓
23日(木)
24日(金) 本会議
議案、請願などについて、質疑、討論、採決をして、閉会。

【質問2】意思決定に携わる女性比率を向上させるための取組みについて、伺う。

【回答】市内約1,300事業所に対する実態調査の結果、女性管理職がいない事業所が約半数に及ぶことが分かった。今後、多様な意見を取り入れ、ワークショップを開催するなど、商工会議所とも連携して効果的な施策を実施していく。  市の職員については、管理的地位の女性の割合をH31年度までに30%以上にするのが目標。これまで少なかった原因の分析を行う。審議会等の女性委員の登用については、男女共同参画の観点から、男女いずれか一方の占める割合を40%未満とならないよう努めている。

【質問3】非正規職員に対するワークライフ推進する取組みについては、どの様に行われているのか、伺う。

【回答】臨時職員のワークライフバランスも正規職員と同様に重要であると認識している。
 原則、時間外勤務は限定的で、仕事と生活を両立しやすい環境にあるが、より働きやすい職場環境づくりに努める


(4)習志野市の消防体制、現状と消防施設の建替え計画について

【質問1】習志野市の消防力の充足率について、伺う。

【回答】消防署、出張所の数は、消防法による基準が5か所、現有が5か所で、充足率は100%。
 職員数は基準232人、現有213人、充足率91,8%。普通消防ポンプ車は、基準6台、現有5台、充足率83,3%救急車は基準6台、現有5台、充足率83,3%、となっている。

【質問2】大規模火災時の対応、応援体制について、伺う。

【回答】現行の消防力で対応が困難であると判断した場合、千葉県消防局とともに、千葉県知事又は消防庁長官へ応援要請。災害の規模により、千葉県消防広域応援隊として、県内の消防から応援が来る。
 さらに、大規模な災害では、緊急消防援助隊として全国の消防機関から応援が来る。

【質問3】市内には、道路が狭く、また建物が密集した区域があるが、消防の観点から、どのようなまちづくりに取組んでいるかについて、伺う。

【回答】「建物の不燃化」火災時の延焼防止のため、屋根や外壁を不燃化すべき地域を防火地域として指定している。
 「防災空間の整備」幹線道路(都市計画道路)や公園の整備に努めている。現在、3・3・3号線他4路線を整備中。谷津奏の杜公園は防災公園として位置付けている。

【質問4】谷津出張所の建替えについて概要を、伺う。

【回答】今年度現在の谷津4丁目から奏の杜2丁目谷津奏の杜公園脇へ移転し建替える計画。
 敷地面積1千200u、建物は2階建て約670u、消防車両3台。消毒室、消火活動のための準備室、女性隊員に配慮した仮眠室・浴室などのエリアを設ける。


文教福祉委員会

【議案】習志野市立図書館の「移動図書館」について、H30年度から指定管理者が 管理運営を行うにあたり、条例を改正する。
【請願】準要保護世帯の子どもの就学援助金のうち、入学準備金について支給時期を3月以前に早めることを求める、請願。

 子どもの貧困が問題となっている中、生活困窮の家庭では、入学準備金は大きな負担となっている。是非とも取組みを進めて欲しいですね。


菜の花



 連絡先


 〒275-0021
住所:千葉県習志野市袖ヶ浦3-7-5-505

【藤崎ちさこ後援会事務所】

TEL/FAX:047-451-2550
E-mail:
fujisakichisako.narashino@gmail.com 


total: / today: / yesterday: (c)FujisakiChisako -2016