新社会党
藤崎ちさこ ホームページ
Web通信

次へ

一覧へ

前へ



藤崎ちさこ
議会REPORT 2017
No.77
2017.07.11 発行

九州豪雨 被害深刻!

 記録的な豪雨に見舞われた福岡、大分両県で、自衛隊や消防などが不明者の捜索や、住民の救助活動を本格化させました。

 福岡県朝倉市、大分県日田市で犠牲者が多く、21人の死亡が確認されました。行方・安否不明者も二十数名います。また土砂により道路が寸断され、大分県で500人超が孤立しています。九州北部では引き続き非常に激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は土砂災害などへの警戒を呼びかけました。

 国の専門家チームが日田市の山崩れ現場を調査した結果、崩落は斜面の長さ約300メートル、幅約200メートルに及び、「山の深い部分にある岩盤部が崩れた」ことが分かりました。
 ある学者がテレビで、「地球温暖化による気象現象の激化と、それによる被害は大きくなっている。地球の平均気温が1度上がると、自然災害は約30%増える。」と言っていました。確かに、ここ数年の風水害は大変厳しいものになっていますよね。私たちは地球に暮らすものとして、地球温暖化防止のために、小さなことでもできることから始め、それを続けていかなければなりませんね。


東京都議選に現れた国民の危機感!

 7月2日の東京都議選で、小池知事が率いる「都民ファーストの会」が第一党に躍進し、自民党は歴史的大敗を喫したことは、千葉県のことではないとはいえ、大変興味深い事です。

 安倍政権が長く続いたことで、「安倍1強」とまで言われる中、政権がやろうとしていることと、国民が望んでいることに「ずれ」が生じていたと思います。与党内部でもその問題に気づいていても、自由に意見を言うことができなくなっていたようです。

国政のマイナスの影響か?!

 都議選で自民党が大敗したことを受けて、安倍首相ら政権幹部は国政の影響を認め、反省の言葉を口にしました。強気の姿勢は影を潜め、首相は「党に対する厳しい叱咤と深刻に受け止め、深く反省しなければならない。」と話しました。

 安倍政権は学校法人「加計学園」や「森友学園」の問題について、国民の疑問にきちんと説明責任を果たしていません。また、「テロ等特措法(「共謀罪」法)」の参議院審議では、委員会採決を省略し、本会議での採決を強行しました。これにより、議会軽視の姿勢であることがよくわかります。また、閣僚や議員の失言・暴言・不適切な行動が追い打ちをかけました。

首相の「こんな人たち」発言!

 都議選のさなか、7月1日に安倍首相が東京・秋葉原で応援演説をした際、「辞めろ」「安倍帰れ」などとコールした聴衆に対し、「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と批判した発言をしたことが、問題となっています。

 安倍首相はそのような声を「誹謗・中傷」と言い放ちましたが、そのような声が発せられたのは、国民の声に真摯に耳を傾けない安倍政権の政治姿勢に対する不満の表われであって、「根拠のない誹謗・中傷」ではありません。そのことに気づいていない「政権の奢り(おごり)」、「緩み」が、自ら招いたことだと思います。

 安倍政権には、国民に対して「決しておごることなく真摯な政治を貫き」、国民の疑問には「説明責任を果たす」ことを求めます。


水分補給で予防、熱中症!

 本格的な夏が来ました。心配なのが「熱中症」です。熱中症は、暑さなどで体温が上昇し、体内の水分と塩分のバランスが崩れたり、体の調節機能が働かなくなったりして起きる障害です。

 地球温暖化と関係あるのか、近年の真夏の暑さは大変厳しくなっています。私、藤崎は趣味でマラソンをしますが、3年ほど前の夏、真夏日のジョギング中に頭が痛くなったことがありました。日陰で休んで回復しましたが、それ以来、夏のジョギングにはペットボトルに水を入れて凍らせたものを携帯し、15分ごとに給水しています。市民の皆さんも、どうぞ体調に気を付けて。


夏の甲子園を目指せ!

 夏の甲子園出場を目指す、第99回全国高校野球選手権大会千葉県大会が、本日7月11日から始まります。我が、習志野市の「期待の星」である習志野高校は、A、B、C、D、4ブロックのうちのBブロックの中のBシード。初戦は2回戦で、7月15日に柏の葉野球場で行われます。

 昨年2016年は、惜しくも準決勝で敗退してしまい、甲子園へは行けませんでしたが、習志野高校は過去2回も全国優勝している強豪ですので、期待の高まりを抑えることはできません。皆さんも習志野高校の活躍を祈って下さいね。


(習志野高校応援うちわ)

 また、実籾高校は7月13日に市川国府台球場で、津田沼高校は7月14日に秋津球場でそれぞれ初戦が行われます。こちらも是非、応援してくださいね。




 連絡先


 〒275-0021
住所:千葉県習志野市袖ヶ浦3-7-5-505

【藤崎ちさこ後援会事務所】

TEL/FAX:047-451-2550
E-mail:
fujisakichisako.narashino@gmail.com 


total: / today: / yesterday: (c)FujisakiChisako -2016