新社会党
藤崎ちさこ ホームページ
Web通信

次へ

一覧へ

前へ



藤崎ちさこ
議会REPORT 2017
No.79
2017.08.22 発行

児童扶養手当支給方法
年3回から6回へ!

 児童扶養手当【解説あり】について、厚生労働省は13日、支給方法を見直す方針を決めました。現在は4カ月ごとにまとめて支給しているが、2カ月ごとにすることを検討。小まめに受け取れるようにすることで、家計の管理を手助けするのが狙いです。
 児童扶養手当を受給しているのは全国で約104万世帯(2016年3月末)。支給時期は4,8,12月の年3回で、4カ月分ずつ、まとめて受け取る仕組みです。

 ◎「まとめ支給」の問題点の例

@ 手当を支給された月にまとまった出費があると、翌月以降の家計が苦しくなり、家賃や公共料金を滞納するなど、やりくりが難しい。
A 離婚後に手当を受けようとしても、申請期間も含め最長5カ月近く待たなければならない。


 厚労省はこうした事情に配慮し、検討。自治体のシステムを改修し、2019年度にも開始したい考えです。
 自治体の中には、独自の対応を取る動きもあります。兵庫県明石市は本年度から、児童扶養手当と同額を毎月貸し付け、まとめ支給に合わせて返金してもらう事業を試験的に始めました。来年度は対象者を拡大するそうです。明石市は、昨年私が会派で行政視察しましたが、「こども・子育て支援」の取組みに大変力を入れていることが分かり、習志野市の取組みの手本となると強く感じていました。

【解説】児童扶養手当
 両親の離婚や死亡などで、一方の親からしか養育を受けられない子どもがいる家庭に支給される。
所得によって毎月の金額が決まる。児童1人の場合、最大4万2290円、2人目に最大9990円、3人目以降に最大5990円が支払われる。2010年に父子家庭も対象となり、2012年にはドメスティックバイオレンス(DV)で裁判所から保護命令出された場合も受給可能となった。
   以上。


原爆被爆者慰霊と平和祈念式典

 8月6日、秋津公園内「平和の広場」で、今年も原爆被爆者慰霊及び平和祈念式典が開催されました。1分間の黙とうの後、花輪献納・献水・千羽鶴献納、そして参列者全員による献花がありました。
 また、毎年、広島・長崎に平和市民代表団が派遣されていますが、前年の代表団OBによる平和のスピーチ・詩の朗読があり、第7中学校合唱部による「ひろしま平和の歌」等の合唱がありました。
 現在は、夏休み中の学校の登校日が無くなっていますが、以前は8月6日が登校日でした。千葉県内で一番早く、「核兵器廃絶平和都市宣言」を行った習志野市が、平和教育に力を入れていて、8月6日に平和について、皆で共に考えたのでした。

原爆の絵展 平和コンサート

 8月18日から20日まで、モリシア津田沼の1階センターコートで「習志野平和のつどい 原爆の絵展」が開かれました。期間中、延べ約3,000人の皆さんが来場されました。
 『原爆の絵』は1974年、被爆者が描いた1枚の絵がきっかけで、NHK広島放送局が「市民の手で原爆の絵を残そう!」と呼びかけたところ、2,225枚の絵が集まりました。
 展示された『原爆の絵』は生々しい迫力で原爆の凄まじさを伝えています。
 また当時の「赤紙」(召集令状)など種々の書類、新聞記事など、本当に貴重な資料も展示されていました。
 最終日20日には、平和リレーコンサートが開かれ、メゾソプラノ歌手の立川かずささん(習志野市花咲在住)の歌、合唱団ミールの平和の歌、砂川隆一さんのギター演奏、「Team6」のフルートなど管楽器アンサンブルなどの演奏を聞きながら、集まった聴衆の皆さんは「平和への思い」を共有していました。


市民の皆さんからのご相談

 先日、国道14号線沿い、谷津駅付近の街路灯が消えていて、危険だというご相談を頂きました。
 市の道路課に相談したところ、すぐに調査するという事でした。その街路灯は確かに古いもので、かなり前から消えていたらしいのですが、国道に沿っているため市の管理するものではないそうです。
 街路灯については、たびたび、市民の皆さんからご相談を受けますが、国道か県道か市道か、あるいは商店街や民間のものかなど様々で、国道・県道・市道などの公的なものについては、設置のための基準があります。交差点付近かどうかや間隔などの基準です。民間のものに至っては、所有者に任されます。
 しかし、いくら基準があって、基準を満たした設備は既にあるという場合でも、通行する方が危険だと感じるのであれば、市もできるだけの対処をするべきです。市民の皆さんが安心して暮らせる、「安心・安全なまち」を作っていかなければなりませんよね。





 連絡先


 〒275-0021
住所:千葉県習志野市袖ヶ浦3-7-5-505

【藤崎ちさこ後援会事務所】

TEL/FAX:047-451-2550
E-mail:
fujisakichisako.narashino@gmail.com 


total: / today: / yesterday: (c)FujisakiChisako -2016