新社会党
藤崎ちさこ ホームページ
Web通信

次へ

一覧へ

前へ



習志野市議会議員
藤崎ちさこニュース
No.88
2017.12.12 発行

きちんと計画を示して!  
こども園構想

 習志野市議会は、11月27日に2017年市議会第4回定例会が招集され、12月5日から各議員が市長の市政について問うていく一般質問が始まりました。私、藤崎は、新しくできる第7中学校区のこども園の構想については、問題があることを指摘し続けていますが、12月6日(水)の市長への一般質問の中でも取り上げ、
  1. 放課後児童会の問題について
  2. 保育所の待機児童解消の取組み
  3. PTA活動の適正化について
  4. 高齢者が元気に、あるいは安心して暮らせるための取組み
などについて質問しました。今週から2週にわたって報告させていただきます。

(1) 放課後児童会の問題について

【藤崎:1】現在の放課後児童会の待機児童の数と、来年度の入会見込み数は?

【担当課:児童育成課】待機児童は19名、全て上学年。来年度の入会見込みは、希望調査によると473名。

【藤崎:2】児童会を増やす取組みは?

【児童育成課】来年度は、谷津、谷津南、屋敷小学校に1つずつ児童会を増やす。

【藤崎:3】拡大される3つの児童会では、4年生以上の受け入れができるのか?

【児童育成課】難しい。

【藤崎:4】児童会の施設・環境の整備は、今年度どのように行ったのか?

【児童育成課】古いエアコンの交換、倉庫を屋外にして、児童会室の有効面積を拡大、外灯を2か所設置。

【藤崎:5】支援員の処遇改善は?

【児童育成課】 経験年数に応じた賃金アップ、相談員や担当課職員による相談体制の充実など。

【要望】4年生以上の児童も希望する全児童が入会できるように施設拡大・支援員確保を、また、環境整備にしっかり取り組んで欲しい。


(2)保育所の待機児童解消の取組み

【藤崎:1】中学校区別の待機児童の数で見ると、秋津・香澄地区を含む第7中学校区の待機児童数は少ない。
新しくできる第7中学校区こども園では0〜2歳児の保育が実施されないが、習志野市全体の待機児童解消のためには、開園当初から0〜2歳児の保育を実施するべきだと思う。何故、実施しないのか?

【担当課:こども保育課】新しくできる第7中学校区こども園は急ぎ、秋津幼稚園・香澄幼稚園の人数が少ない事の弊害を除こうとするもの。待機児童対策は、別に順次進めていく。

【藤崎】第7中学校区こども園の計画は「場当たり的」だ。H32年以降に立てるはずだった計画を、前倒しできちんと立てて示すべきだ。


【藤崎:2】こども園の短時間児(一般に言う幼稚園児にあたる)と長時間児(一般に言う保育所・保育園児)の定員は現在、だいたい2:1の割合で短時間児の方が多いが、保育所の待機児童が多いという現状では、定員の変更をすべきでは?

【こども保育課】一定の割合の中で変更できる。

【藤崎:3】市立の幼稚園・保育所を無くして、全ての中学校区にこども園をつくる計画を無理に進めるのではなく、保育所も併存させて、安定した質の高い保育を続けていけないか?

                    

【こども保育課】私立保育園の保育の質が、劣るものではない。保育士・看護師・栄養士の配置基準を定めている。市主催の研修への参加、担当課によるサポートなど、市全体の保育の質の維持・向上が図られている

【藤崎:4】民間の保育士の給与上乗せの助成制度が始まったが、その現状は?

【こども保育課】市内の17施設から申請があり、交付を進めている。


クリスマスイルミネーション
   点灯式(京成津田沼駅前広場)

 12月10日(日)、京成津田沼駅前広場に設置された、クリスマスイルミネーションの点灯式が催されました。
 点灯式に先立ってコンサートがあり、オーボエ演奏、ウクレレ演奏、津田沼小学校児童の合唱が会場を盛り上げてくれました。
 イルミネーションは1月8日まで続けられます。





 連絡先


 〒275-0021
住所:千葉県習志野市袖ヶ浦3-7-5-505

【藤崎ちさこ後援会事務所】

TEL/FAX:047-451-2550
E-mail:
fujisakichisako.narashino@gmail.com 


total: / today: / yesterday: (c)FujisakiChisako -2016